喪中はがきで亡くなった事を知りました、合掌。

ある年の終わりに1通の喪中はがきが来ました。
私にとって大叔母にあたる人の喪中のはがきでした。

正直亡くなった事を知らずにいましたので、びっくりしまして慌てて大叔母の娘さん(母の従姉妹)に電話した所、
生前大叔母は自分が死んだ時は誰にも知らせずに、娘たち身内だけで大げさな葬儀はしないで欲しい、お香典やその他も一切無しにしてもらいたい。

そう言っていたそうで、それに従って喪中はがきまでどなたにも大叔母の死去を伝えなかったのだそうです。

突然のことで驚いたのも事実ですが、その大叔母の潔さと遺すものたちに負担をかけさせない強い意志に、何とも感動したのを憶えております。
私もこういう風に、出来たらなあと羨ましく思ったことも否めません。

年賀状自体が若い世代には利用されなくなってきていますが、私もメールで済ませているようなものが殆どです。
それでもこの年になりますと、1軒や2件の喪中はがきが12月には届きます。

すでに近しい方でご存命の方は少なくなりましたので、少々年末には怯えることも多くなったのも事実です。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP